抜群の精度を誇る井手学長の市況解説

生徒さん向けに、井手学長が毎日書いている「市況解説」をご紹介します。
以下は、2月6日から3月12日までの抜粋です。
これらはすべて生徒さん専用SNS「ムービーライブラリー」に実際に掲示された内容です。
(参考)文中に使われている「空売り」とは株価が下落すると儲かる仕組みです。今回の大きな下落は、我々にとってビッグチャンスとなりました。


①2月6日の市況解説 日経平均23,874円
「近いうちにチャイナショックが来ると思います。買い方は警戒が必要です。また空売りのビッグチャンスとなる可能性が高いです。しっかりと準備しましょう。」


②2月21日の市況解説 日経平均23,387円
「近未来(3月?)にチャイナショックの大暴落が想定されます。日本株も巻き込まれることでしょう。買い玉キープは危険です。さっさと売って逃げておきましょう。」


③2月25日の市況解説 日経平均22,605円
「空売りで仕込んでいる特撰☆銘柄3種類はいずれも順調に下落しています(^^♪中略 まだまだ地獄はこれからだ、ということです。空売りチャンスは続きそうです。」


④2月28日の市況解説 日経平均21,142円
「売り玉キープの特撰☆銘柄の2つも続落し、含み益をさらに伸ばしております。」


⑤3月6日の市況解説 日経平均20,750円
「2015年夏のチャイナショック時、日経平均はざっと30%近く下落しました。今の状況は15%にも達していません。まだまだ下落余地はたっぷりあります。安易な買いは禁物。底抜けしましたので、基本スタンスは空売りです。」


⑥3月9日の市況解説 日経平均19,699円
「先週末に空売りを仕込んだ特撰☆銘柄は順調に下落しています。」


⑦3月12日の市況解説 日経平均18,560円
「ここまで下がれば、もう買いだろう。などと陳腐なことを考えないようにして下さいね。2015年より、今回の方が全世界的に深刻な問題ですし、あとあとまで世界経済に影響するはずです。しばらくは空売りが基本。と、100回唱えましょう。」




以上ですが、いかがですか?

令和2年3月16日現在、世の中のほとんどの投資家が頭を抱えているときに、井手学長の市況解説をもとにPrinceKingの会員さんは空売りで儲かっています。


井手学長は15年間毎日欠かさず、こうやって生徒さんたちをお守りし続けてきました。
これこそが家計を守り、家計を助ける、生活者のための投資法です。


これからも副学長・太星と二人で力を合わせて、全力でお守りし続けます!
    PrinceKing 学長 井手広司